ジャンボ宝くじな日常
トップページ > ジャンボ宝くじな日常

2013年の年末ジャンボ


「宝くじって、当たらないよな?」
「あら?あなた、宝くじなんて買ってたの?」
「宝くじは、男の夢なんだぜ?そんなに不思議そうにいうなよ。」
「ふぅん。てことは、毎年あなたは、男の夢が破れてることになるわね。」
「・・・まぁな。しかし、今年の東日本大震災復興支援グリーンジャンボ宝くじと年末ジャンボ宝くじは、当選しそうな気がしてる。」
「どうして、そんなことがいえるわけ?」
「・・・ジャンボ宝くじに当選して、3億円を使い切る夢を見たからさ。夢は、正夢ってね・・・。」
「あら?3億円当たったら、家計の足しにするつもりだわ。」
「おいおい・・・3億円ありゃぁ、ブゥワーっと海外に移住して、のんびり暮らそうぜ?ハニー?」
「住宅ローンを払い終わってからにしてね。」
「ちぇっ、女って生き物は、夢がないぜ。」
「あなたは、脳ミソがないけどね。」
「ジャック!ジャック。2013年の年末ジャンボ宝くじを、どっさり買ってきたぜ!」
「あら?バカついでに、ロビンがきたわ。」
「ん?奥さん、なんかいった?」
「いえ。なにも。」
「ジャック!5月12日から発売された年末ジャンボ宝くじを買ったのかよ?!」
「相変わらずハイテンションだな、ロビン。」
「やっぱり●●ジャンボ宝くじのシーズンって、気分が高まるよな!ジャック。」
「ロビン、おまえは昨年末の年末ジャンボ宝くじは当選したのか?」
「するわけないでしょ。この男が。」
「ん?奥さん、なんかいった?」
「いえ。なにも。」
「年末ジャンボ宝くじの当選番号を確認したとき、一瞬、3億円かと思ったよ。」
「思った・・・ね。つまり、番号の一桁違いで、無当選だったんだろ?」
「おっ?よくわかったな?ジャック。おまえ、頭いいな。」
「・・・。」
「それで、8月1日に発売が終了したサマージャンボ宝くじは買ったのか?」
「サマージャンボ宝くじは、今回は見送ることにしたよロビン。」
「どうしてだよ?!年末ジャンボ宝くじにしか興味ないんだな、ジャックは(笑)。」
「サマージャンボ宝くじの抽選日って、いつだっけ?」
「2008年サマージャンボ宝くじの抽選日は、8月14日(火)だ。NHK大阪ホールだぜ。」
「ジャンボ宝くじに関しては、いつもながら情報通だな、ロビン。」
「照れるじゃねーか(笑)。」
「照れる顔じゃないわね。」
「ん?奥さん、なんかいった?」
「いえ。なにも。」
「俺は、ジャンボ宝くじより、数字選択式宝くじロト6を買っているんだ。」
「ああ、ロト6ね。俺も月に1回は、運だめしに買っているぜ、ジャック。」
「ロト6は自分で数字を選ぶのが面倒だから、予想ツールなどで選ばせている。」
「んっ?何がロト6攻略への秘策でもあるのか?!」
「たとえば、ロト6予想ソフトとかだな。」
「ロト6予想ソフト?なんだ、それ?ジャック。」
「文字通り、ロト6予想数字をコンピューターに選ばせるツールだよ。」
「そ、そんなもので当選するのか?!ジャック。」
「うーん、思考プロセスが違うな。」
「思考プロセス?奥が深そうな話だな。」
「これで当選を狙うというよりも、余計なロト6数字を削除するために使うんだ。」
「なるほど。確かに、ロト6は600万分の1の確立だからな!ジャック。」
「うん。宝くじでも同じだが、ロト6はいかに買う枚数を減らすか?そこが焦点なんだ。」
「俺は9月2日の宝くじ記念全国自治宝くじは、200枚以上を買う予定だぜ!」
「おいおい、3月は東日本大震災復興支援グリーンジャンボ宝くじもあるんだぜ?軍資金あるのか?」
「ふっ・・・俺をみくびっちゃ困るな。ジャンボ宝くじやロト6は当選しないが、ナンバーズで稼いでるぜ!」
「ほう、それは初耳だな?ロビン。ナンバーズもやってるのか?忙しいやつだ。」
「当たり前よ!ナンバーズは、ナンバーズ3が専門だぜ、ジャック。」


*****

「今年の東日本大震災復興支援グリーンジャンボ宝くじは、どうだった?」
「うーん、結局、7等の当選に終わったわね。」
「300円か。末当は、誰にでも公平に当たるからな。」
「そうね。残念だったわ。」
「まあ、お盆期間中のお祭りなんだから、ワクワク感を買ったと思えばいいじゃないか。」
「別に、落胆なんかしてないわよ。」
「俺は、6等3000円に当選したぜ。」
「ほんと?それって、結構な高確率よ。」
「ジャック!ジャック。第617回の東日本大震災復興支援グリーンジャンボ宝くじ2012はどうだった?!」
「あら?バカのロビンがきたわ。」
「ん?奥さん、なんかいった?」
「いえ、なにも。」
「ジャック、2012年の東日本大震災復興支援グリーンジャンボ宝くじは全敗だったぜ!」
「なんだ?無当選で、やけに元気がいいな?ロビン。」
「ハハハ・・・!」
「バカもおだてりゃ、木にのぼる。」
「ん?奥さん、なんかいった?」
「いえ、なにも。」
「でもよ、その反動のせいか、数字選択式宝くじロト6で4等を当選したぜ!」
「ほう、ロト6とは、ロト6で3億2千万円当てた男で有名だな?」
「よく知ってるな!ジャック。1万円弱の当選金額だったが、とても嬉しい!」
「ところで、12月の年末ジャンボ宝くじは、買うのかい?」

「宝くじって、当たらないよな?」
「あら?あなた、宝くじなんて買ってたの?」
「宝くじは、男の夢なんだぜ?そんなに不思議そうにいうなよ。」
「ふぅん。てことは、毎年あなたは、男の夢が破れてることになるわね。」
「・・・まぁな。しかし、今年のドリームジャンボ宝くじと年末ジャンボ宝くじは、当選しそうな気がしてる。」
「どうして、そんなことがいえるわけ?」
「・・・ジャンボ宝くじに当選して、3億円を使い切る夢を見たからさ。夢は、正夢ってね・・・。」
「あら?3億円当たったら、家計の足しにするつもりだわ。」
「おいおい・・・3億円ありゃぁ、ブゥワーっと海外に移住して、のんびり暮らそうぜ?ハニー?」
「住宅ローンを払い終わってからにしてね。」
「ちぇっ、女って生き物は、夢がないぜ。」
「あなたは、脳ミソがないけどね。」
「ジャック!ジャック。ドリームジャンボ宝くじを、どっさり買ってきたぜ!」
「あら?バカついでに、ロビンがきたわ。」
「ん?奥さん、なんかいった?」
「いえ。なにも。」
「ジャック!5月19日から発売されたドリームジャンボ宝くじを買ったのかよ?!」
「相変わらずハイテンションだな、ロビン。」
「やっぱり●●ジャンボ宝くじのシーズンって、気分が高まるよな!ジャック。」
「ロビン、おまえは昨年末の年末ジャンボ宝くじは当選したのか?」
「するわけないでしょ。この男が。」
「ん?奥さん、なんかいった?」
「いえ。なにも。」
「年末ジャンボ宝くじの当選番号を確認したとき、一瞬、3億円かと思ったよ。」
「思った・・・ね。つまり、番号の一桁違いで、無当選だったんだろ?」
「おっ?よくわかったな?ジャック。おまえ、頭いいな。」
「・・・。」
「それで、8月1日に発売が終了したサマージャンボ宝くじは買ったのか?」
「ドリームジャンボ宝くじは、今回は見送ることにしたよロビン。」
「どうしてだよ?!年末ジャンボ宝くじにしか興味ないんだな、ジャックは(笑)。」
「ドリームジャンボ宝くじの抽選日って、いつだっけ?」
「2008年サマージャンボ宝くじの抽選日は、8月14日(火)だ。NHK大阪ホールだぜ。」
「ジャンボ宝くじに関しては、いつもながら情報通だな、ロビン。」
「照れるじゃねーか(笑)。」
「照れる顔じゃないわね。」
「ん?奥さん、なんかいった?」
「いえ。なにも。」
「俺は、ジャンボ宝くじより、数字選択式宝くじロト6を買っているんだ。」
「ああ、ドリームジャンボ宝くじね。俺も月に1回は、運だめしに買っているぜ、ジャック。」
「ドリームジャンボ宝くじは自分で数字を選ぶのが面倒だから、予想ツールなどで選ばせている。」
「んっ?何がドリームジャンボ宝くじ攻略への秘策でもあるのか?!」
「たとえば、ドリームジャンボ宝くじ予想ソフトとかだな。」
「ドリームジャンボ宝くじ?なんだ、それ?ジャック。」
「文字通り、サマージャンボ宝くじをコンピューターに選ばせるツールだよ。」
「そ、そんなもので当選するのか?!ジャック。」
「うーん、思考プロセスが違うな。」
「思考プロセス?奥が深そうな話だな。」
「これで当選を狙うというよりも、余計なサマージャンボ宝くじ数字を削除するために使うんだ。」
「なるほど。確かに、ドリームジャンボ宝くじは600万分の1の確立だからな!ジャック。」
「うん。宝くじでも同じだが、ドリームジャンボ宝くじはいかに買う枚数を減らすか?そこが焦点なんだ。」
「俺は9月2日の宝くじ記念全国自治宝くじは、200枚以上を買う予定だぜ!」
「おいおい、9月はオータムジャンボ宝くじもあるんだぜ?軍資金あるのか?」
「ふっ・・・俺をみくびっちゃ困るな。ジャンボ宝くじやドリームジャンボ宝くじは当選しないが、ナンバーズで稼いでるぜ!」
「ほう、それは初耳だな?ロビン。サマージャンボ宝くじもやってるのか?忙しいやつだ。」
「当たり前よ!ドリームジャンボ宝くじは、年末ジャンボ宝くじが専門だぜ、ジャック。」


ロト6 予想 ソフト

copyright (c) 2008-2013 年末ジャンボ当選番号 all rights reserved.
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO